win5予想

【win5予想】播磨S・総武S・トリトンS・大阪城S・弥生賞

2020年3月8日のwin5予想(攻略)をしていきます。

阪神10R 播磨S ダ1400m (右)  発走:15:00

◎ 5 エルモンストロ
〇 8 オーシャンズルーラ
▲ 16 デターミネーション
△ 14 グランソヴァール
☆ 12 タガノジーニアス

中山10R 総武S ダ1800m (右) 発走:15:10

◎ 1 デアフルーグ
〇 7 メイショウワザシ
▲ 3 コズミックフォース
△ 15 ローズプリンスダム
☆ 11 ハヤヤッコ

中京11R トリトンS 芝1600m (左)  発走:15:25

◎ 11 ボッケリーニ
〇 6 エングレーバー
▲ 2 アントリューズ
△ 12 ピースワンパラディ
☆ 7 クリアザトラック

阪神11R 大阪城S 芝1800m (右 外) 発走:15:35

◎ 3 レッドガラン
〇 1 フランツ
▲ 5 センテリュオ
△ 9 バイオスパーク
☆ 14 サトノアーサー

中山11R 弥生賞 芝2000m (右) 発走:15:45

◎ 1 サトノフラッグ
〇 10 オーソリティ
▲ 8 ワーケア
△ 4 オーロアドーネ
☆ 7 メイショウボサツ

買い目

阪神10R 5 8

過去の傾向からは5歳馬がいいのですが、目を引く馬がいませんね。
ここは4歳馬から狙います。

エルモンストロとオーシャンズルーラで勝負。

エルモンストロは、
前走良馬場で0.7秒差つけて勝ち切っている。
前目につけることも、後ろから足を延ばすこともできるため、
一辺倒ではなく、展開に合わせた競馬が可能。

オーシャンズルーラ3走連続阪神を経験している。
前走休み明け1着&目下2連勝中。
抑えるべき馬ですね。

デターミネーションは枠が脚質に合わないため見送り。

中山10R 1 3 7

上位人気の信頼度が高いレース。

本命はデアフルーグ。
前走半年ぶりのレースでスワーヴアラミスには完敗しましたが、
馬体重大幅増もかなり効きました。
今走で絞れていれば勝負になる。
新馬から使い続けていたように、中山の1800mは得意条件で間違いなし。

メイショウワザシは逃げ・番手の競馬が持ち味。
過去の傾向からも前に行く馬の成績は抜群なので抑えるべき。
この馬以外にハナを主張したい馬がいないので、スローに持ち込めば
前残りの1着は十分にあり得る。

コズミックフォースはダート替わり1戦目。
調教でしっかりとした時計を出していることに加え、国枝厩舎&ルメール。
勝負度合いは間違いなく高い。

中京11R 2 6 11

ものすごくレベルの高い3勝クラスですね。
ここにいる4歳馬のほとんどがOPまで上がれそうです。
そんな4歳馬から3頭。

本命はボッケリーニ。
レース傾向通り前目で競馬できることに加え、藤岡康Jの中京の回収率はものすごく良い。
1800mの経験も多いので、多少外を回りながらも、気分よく走らせることができれば。

エングレーバーは重賞以外馬券内を外していない馬。
1600mは若干短い印象を受けるが、レベルの高いこのメンツで、
ハイペース&タフな流れになればチャンスはある。

アントリューズは5連続末脚1位。
前が総崩れの展開なら1着まで持ってくる。

阪神11R 1 3

荒れるレース。

想定3番人気&4番人気から。

レッドガラン&フランツともに、
直近2走以内で、同クラス0.1秒差に収まっている。
タニノフランケルやサイモンラムセスなど、
前目につけたい馬が多い中で、ペースが速くなると予想。
内で脚をしっかりと溜めることができれば、この2頭は直線で突き抜ける脚をもっている。

中山11R 1

今週の1点。

サトノフラッグで勝負。

弥生賞はディープインパクト産駒と相性がすこぶる良い。
(過去10年で5勝)

サトノフラッグは唯一のディープインパクト産駒で武豊J騎乗。

未勝利戦は東京競馬場でレコード勝ちをし、
前走の1勝クラスでは、弥生賞と同コースの中山2000mで0.5秒差つけての圧勝。

調教を見ても水曜追切で、
51.3-37.3-24.3-12.2(14.0-13.0-12.1.-12.2)
という好時計。

この馬の得意な瞬発力戦はもちろん、
持久力戦になっても勝負になるようなタイムでの調整も重ねている。

賞金的にもここを勝っておかないとダービーへの出走が危ういですし、
ここはこの馬に期待しています。

2点×3点×3点×2点×1点の合計36点で勝負します。