win5予想

【win5予想】すみれS・ブラッドストーンS・豊明S・阪急杯・中山記念

2020年3月1日のwin5予想(攻略)をしていきます。

阪神10R すみれS 芝2200m (右)  発走:15:00

◎ 5 ブルーミングスカイ
〇 1 アリストテレス
▲ 2 オールザワールド
△ 6 エカテリンブルク
☆ 4 レクセランス

中山10R ブラッドストーンS ダ1200m (右) 発走:15:10

◎ 2 テルモードーサ
〇 3 マラードザレコード
▲ 5 ロンドンテソーロ
△ 1 キタノオドリコ
☆ 16 クインズラミントン

中京11R 豊明S 芝1200m (左)  発走:15:25

◎ 14 ディーパワンサ
〇 1 ビリーバー
▲ 17 タイセイアベニール
△ 7 ヒルノマゼラン
☆ 3 ゼセル

阪神11R 阪急杯 芝1400m (右) 発走:15:35

◎ 6 フィアーノロマーノ
〇 2 ライラックカラー
▲ 3 ダイアトニック
△ 4 マイスタイル
☆ 14 ベストアクター

中山11R 中山記念 芝1800m (右) 発走:15:45

◎ 3 ダノンキングリー
〇 1 インディチャンプ
▲ 7 ラッキーライラック
△ 5 ペルシアンナイト
☆ 8 ウインブライト

買い目

阪神10R 5

ブルーミングスカイが本命。
少頭数&過去の傾向からもスローペースになるのは間違いない。
梅花賞と紫菊賞では後半勝負でしっかりと足を使えている実績がある。
不安点は浜中騎手が復帰直後ということ…。

アリストテレスもいい馬ですが、あまりにも調教で動いていないのでやめました。

中山10R 1 2 3 5 16

過去の傾向をみても荒れるレース。
ダートの1200mなんて何が突っ込んできてもわからない。
特にスタートの出遅れだけで終わってしまう馬も多い。

テルモードーサ&マラードザレコード&ロンドンテソーロはとにかく前に行く馬。
開幕週の馬場で前残りならこの中から。

キタノオドリコは距離短縮後から3連続馬券内。
中山での好走実績もあり、抑えるべき馬。

クインズラミントンは大外枠なってしまったが、
後方で脚を溜めるタイプなので問題なし。
前が崩れる展開なら突っ込んでくるはず。

中京11R 1 3 7 14 17

ここも荒れそうですね。

ディーパワンサが本命。
前走エーティーンガールの0.4秒差の2着。
その後エーティーンガールはシルクロードS2着になるので実力に疑う余地なし。
距離短縮2戦目のここで結果を出してほしい。

対抗はビリーバー。
中京1200mの傾向でも表れているように上がりを使えるのは重要なポイント。
あまりにも後方すぎると届かないかもしれないが、
1枠1番で足を溜めて直線でうまく捌けば突き抜けての勝ちきりがあるはず。

タイセイアベニールは前崩れの展開なら。

ゼセルは長期休養明け1戦目で逃げ切り勝利。
2戦目のここも上積み込みで勝負になる。

ヒルノマゼランは前走も0.1秒差2着。
勝ち負けできる能力はある。

その他に、
エンゲージリングやタイキサターンも気になりましたが、
今回の枠順を考慮して断念しました。

阪神11R 6

フィアーノロマーノ1点で勝負。

まず、調教が抜群に動けています。
終いも垂れずに加速ラップを記録。
(51.5-37.0-23.9-11.8)
かなりいい仕上がりでしょう。

それに加え、阪神巧者です。
3回走って1着2回、2着1回。
前走はグランアレグリアに離さましたが、
ここでは間違いなく勝負になるでしょう。

東京11R 1 3 

あまりにもいいメンツが集まっている中山記念。

ダノンキグリーとインディチャンプの2点で行きます。
なぜこの2頭を選らんだか、というよりも。
他の馬を切った理由をお話しします。

ラッキーライラックは2走続けてスミヨン騎手の騎乗でした。
石橋騎手のする先行策とは違い、後方で足を溜める競馬。
そして2戦連続で結果を出しています。

今回は石橋騎手に手綱を戻すのではなく、デムーロ騎手の初騎乗なので、
陣営としては、石橋騎手の乗り方である先行策ではなく、
スミヨン騎手と同じく後ろからの競馬を指示する考えられます。
(前走出遅れしてるので必然的に後ろになる可能性も。)

開幕週の中山、そしてスローになると後方からでは届きません。
阪神牝馬ステークスを思い出してください。
ラッキーライラックが単勝1.5倍で飛んだあのレースを。

同じ未来が見えるので、ここでは買いません。

ウインブライトは2年連続中山記念を勝っていますが、
今までとは明らかに違う点があります。

それは、臨戦過程です。

今までは、中山金杯を叩いてからこのレースに臨んでいましたが、
今回はぶっつけでこのレースに出走します。

なぜか。
それは当然、このレースが目標じゃないからですよね。

海外でも実績を残してきたこの馬は、狙っているのは香港です。
ここでメイチの仕上げは絶対ありません。
松岡騎手が乗れないのも大幅に減点材料です。

と、いうことで4強の残った2頭。
ダノンキングリーとインディチャンプをここでは狙います。

すごく悩みました。

1点×5点×5点×1点×2点の合計50点で勝負します。