レース回顧

【レース回顧】2020年2月23日のWIN5(win5攻略6週目)

2020年2月23日のWIN5について、
以下の記事で予想した内容を踏まえて振り返ります。

【win5予想】斑鳩S・アメジストS・小倉大賞典・大和S・フェブラリーS2020年2月23日のwin5予想(攻略)をしていきます。 京都10R 斑鳩S 芝1600m (右 外)  発走:14:50 ◎ 4...

京都10R 斑鳩S 芝1600m (右 外)  発走:14:50

◎ 4 ワンダープチュック → 2着(3番人気)
〇 1 キアロスクーロ → 13着(5番人気)
▲ 10 ミエノウインウイン → 7着(2番人気)
△ 8 テーオービクトリー → 1着(4番人気)
☆ 13 アドマイヤキズナ → 11着(6番人気)

テーオービクトリーとワンダープチュックの差は内に出したか外に出したかでしたね。
内の馬場の悪いところを回したのがワンダープチュック。
外の内ほど荒れていない馬場を走らせたのがテーオービクトリー。
ワンダープチュックは次走も人気する可能性が高いですが、
このクラスを突破するのは時間の問題だと思います。

東京10R アメジストS 芝2000m (左) 発走:15:00

◎ 4 ゴータイミング → 6着(1番人気)
〇 1 スパイラルダイブ → 9着(7番人気)
▲ 8 ハナズレジェンド → 8着(5番人気)
△ 2 ウインガナドル → 2着(4番人気)
☆ 10 レッドサイオン → 3着(2番人気)

勝ち馬:5 アトミックフォース(3番人気)

ゆったりとした流れで前が有利の展開。
それに気づいて押し上げていったルメール騎手(レッドサイオン)はさすが。
武騎手(ゴータイミング)を含む後方待機馬は全く届きませんでした。

小倉11R 小倉大賞典 芝1800m (右)  発走:15:20

◎ 13 ジナンボー → 3着(2番人気)
〇 3 テリトーリアル → 6着(3番人気)
▲ 6 ヴェロックス → 9着(1番人気)
△ 9 エメラルファイト → 11着(5番人気)
☆ 4 レイホーロマンス → 4着(6番人気)

勝ち馬:2 カデナ(4番人気)

掲示板に載った馬で、2着のジナンボー以外は中団・後方の馬。
直線に入ってヨーイドンの末脚比べの競馬になりました。
カデナは近走上がり1位を連発。
今回はうまくはまりましたね。
17レースぶりの1着、おめでとう。

+20kgで粘ったジナンボーは次走でも狙いたい一頭です。

京都11R 大和S ダ1200m (右) 発走:15:30

◎ 1 モンペルデュ → 16着(2番人気)
〇 4 テーオージーニアス → 4着(1番人気)
▲ 9 スズカコーズライン → 1着(6番人気)
△ 8 バイラ → 5着(5番人気)
☆ 11 ジャスティン → 7着(3番人気)

レース傾向通り先頭集団にいたスズカコーズラインが1着。
モンペルデュはスズカコーズラインと同じ位置にいながら大敗してしまいました。
前走の精神的なダメージが残っているのでしょうか。かわいそうです…。

テーオージーニアスは出遅れたにしても最後方からじゃ届くわけがない。
前が有利な1200m戦で押し上げていかないのは、
それで勝てなかった時の負荷が大きいからでしょうか。
スタートだけで1着が見えなくなるのは残念です。

東京11R フェブラリーS ダ1600m (左) 発走:15:40

◎ 5 インティ → 14着(2番人気)
〇 9 サンライズノヴァ → 3着(3番人気)
▲ 3 ワイドファラオ → 12着(6番人気)
△ 12 モズアスコット → 1着(1番人気)
☆ 2 アルクトス → 9着(4番人気)

さよならインティ。

圧倒的に後方有利の展開で掲示板に残ったのはタイムフライヤーだけ。

ワイドファラオを中心にハナの主張しあいがあり、
2ハロン目でペースが速くなりすぎたのが後ろ有利の展開にした要因ですね。

にしても、インティは負けすぎている。
東海Sを見てもまだやれそうだと思いましたが、
もう馬のやる気的にも能力的にも厳しいのかもしれませんね。
(7連勝した馬が、その後6連敗とは。)

モズアスコットはさすがの末脚。
芝と砂の両G1を獲って、Frankel産駒の価値がさらに上がりました。
おめでとう、モズアスコット!

結果

36点勝負(2点×3点×3点×2点×1点)

1レース目 ×
2レース目 ×
3レース目 ×
4レース目 ×
5レース目 ×

4番人気-3番人気-4番人気-6番人気-1番人気  

払戻金:832万1350円

win0。

(穴があったら入りたい)

先週のwin4も今週のwin0も当たってなければ同じことですが、

それでもちょっと精神的にくるものがあります…。

今週(も)感じたこと、騎手は大事。

岩田騎手の騎乗と、ルメール騎手の騎乗。明らかに違います。

競馬においては、馬の実力はもちろん、騎手、レース傾向、

馬場状態、オッズ等々、いろいろ考慮・考察するのが面白いですよね。

毎週毎週、学びがある。

引き続き、win5的中への道を歩き続けたいと思います。

今週もwin5攻略ならず。次週に期待しましょう!