win5予想

【win5予想】飛鳥S・早春S・周防灘特別・シルクロードS・根岸S

2020年2月2日のwin5予想をしていきます。

京都10R 飛鳥S 芝1800m (右 外)  発走:15:00

◎ 7 フォックスクリーク
〇 6 メイショウオーパス
▲ 4 シフルマン
△ 8 アシュリン
☆ 13 ワンダープチュック

東京10R 早春S 芝2400m (左) 発走:15:10

◎ 2 ヘリファルテ
〇 10 ボスジラ
▲ 8 トラストケンシン
△ 1 エストスペリオル
☆ 3 サンアップルトン

小倉11R 周防灘特別 芝1200m (右)  発走:15:25

◎ 9 ロードアクア
〇 15 キャスパリーグ
▲ 3 アイルチャーム
△ 13 スマイルスター
☆ 12 ケイアイサクソニー

京都11R シルクロードS 芝1200m (右) 発走:15:35

◎ 1 レッドアンシェル
〇 13 ディアンドル
▲ 6 エイティーンガール
△ 12 ジョイフル
☆ 2 カラクレナイ

東京11R 根岸S ダ1400m (左) 発走:15:45

◎ 3 ミッキーワイルド
〇 5 コパノキッキング
▲ 8 ブルベアイリーデ
△ 6 ワイドファラオ
☆ 4 ワンダーリーデル

買い目

京都10R 7

フォックスクリークは長期休養明けではありますが、
ノーザンファームしがらきの外厩仕上げです。
前目につけて直線抜け出しの競馬で大崩れはありませんし、
このレースの過去のレース傾向とも合致します。
中内田厩舎×川田Jも本気度がうかがえて◎
他に1点突破できそうなレースもないので、ここで1点勝負。

東京10R 2 10

ボスジラは、今回昇級戦&想定1番人気&4歳馬
&レース間隔6週目と、買い要素だらけです。

それ以外で気になっている馬はヘリファルテ。
前走は函館遠征で10kgの馬体減だったにもかかわらず、1着と0.3秒差。
今回はノーザンファーム空港牧場での外厩仕上げとなっています。
この馬は中団・後方からの差しの競馬で堅実に走りますし、
東京コースのルメールは抑え必須です。

小倉11R 3 9 15

人気想定馬がほとんど外枠に行ってしまいました。
このレースは外枠が厳しいこともあって、
今年は大荒れの可能性もあるんじゃないかと思っています。

外枠で買う馬はキャスパリーグです。
同クラスにおいて0.1秒差、0.0秒差、0.0秒差、と2着が3連続と、
いつ勝ってもおかしくない≒抑えざるを得ない馬ですね。
また、差し馬なので枠の影響が他の人気馬より少ないと考えています。

アイルチャームは逃げてどれだけ粘れるか。
内枠でハナを主張したい馬がほかにいないので、
すんなり先頭は奪えると思います。
気分よく走ることができれば、逃げ粘りもあるかも。

ロードアクアは前走長期休養明け&8kgの馬体増での出走でした。
今回は叩き二走目ですし、スタートの出がいいこの馬は
好位追走からの直線抜け出しに期待します。

京都11R 1 6 13

レッドアンシェルは好枠に入りました。
先行からの堅実な末脚は安定感があります。
懸念事項はフォーリー騎手ということ。
ここ最近とにかく人気馬を飛ばしまくってます。
そんな不安を吹き飛ばすようなゴール後のガッツポーズが見たいです。

ディアンドルは前走こそ13着に敗れましたが、初のG1挑戦でしたし、
終始追っているような状況で競馬になっていなかった印象です。
この敗因で人気を落とすようであれば買っておきたい一頭ですね。
ただ、一回の大負けでその後まったく走らなくなってしまう馬もいますので、
この馬にとって、今回が重要なレースになりそうですね。

エイティーンガールは前走のファイナルSが強すぎました。
後方からの末脚一気で、2着馬と0.4秒差の1着。
1200m線戦で0.4秒差はなかなかつきません。
また、ファイナルSでは掲示板に載った馬は
エイティーンガール以外すべて前目に着けていた馬です。
レースの展開を考えてもこの馬だけは能力が抜けていた印象でした。
昇級戦で厳しい競馬になるとは思いますが、期待を込めて買います。

モズスーパーフレアは今回は見送ります。
あまりにも京都での成績が悪いですし、1番人気想定で買える馬ではないかなと。
勝たれたら仕方がない、くらいに思ってます。

東京11R 3 5 

コパノキッキングは最上位の能力です。
ただ、JBCスプリントで直線粘れなかったように
1400mはこの馬にとって若干長いかなという印象です。
昨年勝ちきったような後ろからの競馬ではなく、
近走でしているような前目での競馬をするのであれば、
どれだけマーフィーが直線追えるかがカギになりますね。
外枠なら迷わず消しましたが、3枠であることに加え、
内枠に先行馬がほとんどいないのでここは買うことにします。

ミッキーワイルドは東京コースで3連勝しているように
東京コースは合いますし、内枠に入ったこともあり、
道中でしっかり足を貯めることができれば
直線で突き抜け、他馬を寄せ付けずに完勝、なんてこともあると思います。
デムーロは、2019年は大不調でしたが、2020年は期待してもいいでしょうか。

1点×2点×3点×3点×2点の合計36点で勝負します。